魚仙 阿閑亭日器 魚仙 -和食・会席料理・宴会- 店舗紹介 おしながき ご宴会

〜陶の辺料理〜

随筆家白洲正子が「日本の楽屋裏」と称したこの近江の国で、ひときわ山々に囲まれた鄙の里・信楽。
歴史を紐解きますと、かつては紫香楽宮という都があった雅な土地でございます。
信楽は古来より各地を結ぶのに適した拠点であり、山海湖里の滋味あふれる食材を手に入れることができました。
その"地の利"をいかし、旬と持ち味を大切に馳走とさせていただいておりましたところ、お客様が座興で
「すえの辺の味」と詠んで下さいました。
山の緑、陶土の赫黄、窯火の紅・・・
焼物の古里に漂う素朴の香に都の華やぎを添えた御料理をと日々研鑽いたしております。

[店舗のご紹介]

店舗名 陶の辺料理 魚仙
(経歴)
1971年生まれ 滋賀県信楽町出身
地元信楽高校卒業後京都の老舗「たん熊北店」に入店。
約7年の修業の後実家である「魚仙」に戻る。
帰京後も休日を利用し銀座の寿司店へ通い弟子入りし寿司の仕事の研鑽を積む。
無類の焼き物好きで知られ、信楽の焼物のみならず骨董、近・現代陶にも精通する。
滋賀県寿司組合湖鮒会(こぶな会)会員
住所 〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野1334-2
TEL 0748-82-0049
FAX 0748-82-0643
営業時間 11:30〜14:00/16:00〜22:00(21:30ラストオーダー)
定休日 月曜日(月曜祝日の場合は、火曜日休み)
アクセス